FC2ブログ

さよなら ウェンディ

2009年06月23日 14:42

DSCF2883_convert_20090622224647.jpg


6月21日 午前1時、
ウェンディが11歳12日の生涯を閉じ、天国へ旅立ちました。

病気がわかってから、わずか11日で逝ってしまうなんて・・・
早すぎるさよならに、後悔ばかりが残ります。

私たち家族にたくさんの幸せを与えてくれたウェンディ・・・
苦しい病気から開放されて、楽になった事でしょう。

ブログをはじめて2ヶ月あまりですが、たくさんの方が気にかけてくださり
励ましや看護のアドバイスをいただいた事は
本当にありがたく心強いものでした。

深く感謝申し上げます

ウェンディを可愛がっていただいて
ありがとうございました





DSCF2281_convert_20090516112429.jpg





6月20日の朝、食欲がなく、スキムミルクは飲んだがご飯をほとんど食べなかった。
朝食べないときはおやつや、夜にたくさん食べていたので様子を見る事に。

昨日同様、散歩にも行きたがるそぶりを見せたので、少し安心した。

昼過ぎに、試合に行ってたわんころを迎えに街までドライブへ。
リードと車の鍵をチャラチャラいわせると、喜んでついてくる。
まだ元気だ・・・よかった・・・


夜になり晩ご飯を持っていくと、また食べないとそっぽを向いてる。
スキムミルクも飲まなかった。

なんかおかしい・・・少し経って、寝ている口元にお水を持っていった。

具合が悪くなってから、立って飲むのはつらそうなので、
水を入れた小さな器を口元に運んで、飲ませていたのだが
飲めない・・・!
そして立てなくなっていた。

急いでわんころと抱えて家の中に寝かせた。

少ししてウェンディが笑顔を見せてくれた。
ホントは辛い顔なのか・・・きっと笑顔だよね

これが生きている最後の写真になった・・・

DSCF2873_convert_20090622224109.jpg


その後どんどん呼吸が荒くなり、ぐったり横たわっていたが
ワタシが少しでもそばを離れると、心細いのか
きついのに顔を持ち上げてワタシを探している・・・何回も・・・

これはこのまま逝ってしまうかも知れない・・・!!

寝る支度をしていたわんころに
「ウェンディはもしかしたらもう駄目かも知れないから
さよならをしなさい・・・」

予感はしていただろうが突然の事に、わんころは
ウェンディの体をなでながら声を上げて泣いた・・・ずっと泣き続けた・・・

試合で疲れていたのでもう部屋に行って寝るように促した。
「きっと大丈夫だからぐっすり寝なさい」

ウェンディとわんころのさよならだった・・・


ワタシはそれからしばらく、体をさすりながら添い寝をしていた。
呼吸はずっと荒く、お腹が激しく波打っていて
目もうつろな状態。
綿で口を湿らせても舌さえ動かせない・・・

お別れがすぐそこまで来ていた

「ウェンディはおりこうさんね~」と話しかけながら体をさすり続け
どれくらい経っただろう・・・
あんなに苦しそうな呼吸がスーッと静かになり、
赤ちゃんの寝息のような安らかな音に・・・

今にも命の火が消えそうだった・・・

「ウェンディはおりこうさんだよ、よく頑張ったよ!」
懸命に体をさすり声をかけ続けた

そしてだんだん息が小さくなり   止まった

お腹も動かない・・・死んだんだ・・・!!

狂ったように泣き叫んで名前を呼んでも動かない・・・
それでも呼び続けると手足が動いた・・・最後の痙攣が始まったのだ

もう呼んじゃ駄目だ、戻ってもまた苦しい思いさせちゃう・・・だから

「たくさん頑張ったからもう行きなさい、ウェンディ、もう行きなさい・・・おりこうさんね」

ワタシにさすられながら、
ワタシの声を聞きながら

ウェンディは逝ってしまった・・・


ひとしきり泣いて・・・泣いて・・・しばらくしてお尻の下にウンチがあることに気が付いた。

体をきれいにしてあげないと・・・
急に冷静になり時間をかけて清めた。

体は温かいのにもう死んでるんだ・・・
もう帰って来ないウェンディ。悲しくて悲しくておかしくなりそうだった・・・

それから一睡もせずウェンディのそばで夜が明けるのを待っていた。

日曜日なのにいつもよりずっと早起きして来たわんころに
ウェンディが死んだ事を告げた。

わんころはすぐにウェンディのそばに駆け寄り、
体をなでながら大声で泣いていた。
ずっと泣き続けそばを離れようとしない

わんころが4歳の頃からずっと一緒だったからね  お姉ちゃんだもんね

DSCF1199_convert_20090430173502.jpg



出張中のお父さんに電話をかけた。
朝早くのワタシからの電話で、すぐにウェンディが死んだ事を悟ったようだった。

「今朝夢にウェンディが来たよ。元気よく走ってた・・・」

そうだ、体をきれいにしてるとき、
「お父さんの所に行くんだよ」と何度も話しかけた。

おりこうなウェンディ・・・お父さんが大好きなウェンディ・・・

ちゃんとお別れしに行ったんだね。

父


お父さんはホントだったら土曜日に家に帰ってくるはずだった。
しかし台風が発生して仕事の予定が変わって、しばらく帰れなくなってしまった。
台風さえ来なければ生きているウェンディに会えたのに・・・

ウェンディの具合が悪くなったのも出張先で聞いた。

それから毎日電話で様子を話していたが、ウェンディのことも心配なのに、
電話口で毎日泣いている私を随分心配していた。
2,3日前、ウェンディが元気なのを嬉しそうに報告すると
笑ったワタシの声聞いて安心したって言ってた。

余計な気苦労をかけてしまったね・・・



仕事を何とかして昼前の便で急遽帰って来てくれた
車で空港まで迎えに行き、家に向かう道すがらそのときの様子を泣きながら話した。

家に着くとダンナはこらえきれず
ウェンディの亡骸を抱いて、声を上げて泣いた。
何度も名前を呼びながら・・・

生きてるうちにあわせたかった・・・でも帰ってきてくれてよかったね

お父さん、亡骸でもいいからウェンディに触りたかったんだよ・・・

三人でしばらく泣き続けた

父2




石垣島には動物霊園もなく、ペットの火葬場も無い。

人けの無い海岸か山、自宅の庭に埋葬するか
沖縄本島に連れて行ってお骨にしてもらうか・・・なのだ。

いろいろ考えて、石垣で生まれたウェンディは石垣の土に返す事にした。
最初、大好きな海のそばに埋葬しようと思ったが
やはり家族のそばの海が見える庭にお墓を作る事に。

第二のお父さんの、友人Sに手伝ってもらい
庭の片隅に穴を掘り始めた。
赤土で硬く、男2人でも大変な作業。
「少し休んだら・・・?」
「何かして無いと落ち着かない」  そうだね

深い・・・深い・・・穴を掘った。



埋葬する前に、ウェンディを車に乗せて
11年間毎日のように歩いた散歩道を走った。

風が,横たわるウェンディの栗色の毛を揺らしていく・・
もうこの道を一緒に歩く事は無いんだ・・・

ウェンディの思い出がどんどんよみがえってくる。


DSCF2375_convert_20090623161522.jpg


そして大好きだった海岸の砂をバケツに取り家へと戻った。


海の砂は穴の底に敷きつめた。

泣いて泣いて、たくさんなでて、話かけて最後のお別れを。

ダンナとわんころとワタシで布団に包んだウェンディをそっと穴におろした。
ご飯を食べていなかったので口元にご飯をおいて・・・

もう一度海の砂を布団の上からかけて土をかぶせていった

三人で黙々と・・・

「わんころ、別れが悲しいからって
大人になって犬は飼わないって思わないでね・・・」
わんころは泣きながらうなずいた。

きっとわんころもアニキも、
お父さんみたいに、我が子のように犬に愛情を注げる
やさしい大人になるだろう。

どんどん土がかぶさっていき・・・

そしてウェンディは天使になった


DSCF2876_convert_20090622224157.jpg


近所の友人が花束を手向けて泣いてくれた。
子供にもお年寄りにも可愛がられる優しい犬だった。



その日の晩ダンナと少しお酒を飲んだ。
ウェンディの思い出話ばかりで涙の味だったが

「ワタシ、あなたがウェンディ抱いて泣くの見て安心した」
「なんで?」
「だってワタシが死んでもああやって泣いてくれるでしょ?」
「・・・それはどうかな~」
「え~~!!」

久しぶりに二人で声を上げて笑ったね。


見送って泣きつかれ、ダンナもいる安心感からか
早くから寝てしまい、朝までぐっすり。ウェンディの夢を見る暇も無かった。

ワタシにはいつ会いに来てくれるんだろうか

死ぬ3日前に家の前の土手を元気に駆け登るウェンディの夢を見た。
「あ~病気治って元気になったんだ~」と
幸せな気分で目が覚めたのを覚えてる。

お母さんの所へもきっと来てね!

お友達付き合いが苦手だったから天国で一人ぼっちじゃないだろうか。

でも夢の中では黒いラブと一緒に走ってたから大丈夫だよね。

そうそう、東京のアニキがお爺ちゃんの仏壇にお祈りしてたらしいから
きっとお爺ちゃんと、タロウが待ってるよ。


DSCF2880_convert_20090623143933.jpg




ウェンディ あなたは幸せでしたか?

私たちはたくさんの幸せをもらいました。

そばにきて、ひざに頭を乗せてくれるだけで、嫌な事も忘れるし

ウェンディのしぐさの一つ一つで、みんなが笑顔になりました。

こんなにいい子はいないって、いつも思ってました。

あっという間に逝ってしまって

お母さんに面倒もかけてくれなかった・・・

苦しい病気だったけどきっとうちの子で幸せだったよね

だって天使になった時、耳が「嬉しい耳」になってたよ!


ありがとう ウェンディ

また会えるよね ウェンディ!!



DSCF2732_convert_20090606225653.jpg



にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト





コメント

  1. 大島の母 | URL | nlBqyCS.

    ウェンディ、優しくステキな家族に見送られて
    安らかに天国に行けたね。

    お父さんとお母さんの子供で、アニキとわんころくんと兄弟でほんとに幸せだったね。

    ウェンディ、また会おうね!


  2. れこぶ | URL | AQhVEoHE

    ウェンディちゃん、
    素敵なご家族に囲まれて、
    とっても、しあわせな犬生でしたね。

    ありがとぅウェンディちゃん。
    ウェンディちゃんと、お友達になってから、
    すごく短い時間だったけど、
    あなたの笑顔を見つめてると、
    ずっと・ずっと前から、お友達だったよぅな
    錯覚に陥ります。
    すごく、懐かしぃ気持ちになります。

    ウェンディちゃん、
    今は、頭ん中が、ごちゃごちゃで、
    涙と鼻水で、ぐっちゃぐちゃな、こんなおばちゃんを、お空の上から、笑ってね。

    お空の上で、少し ひと休みしたら、
    また、帰ってきてくださぃ。
    ちゃあさんの娘として。

  3. 大根 | URL | WVsK.YGU

    ご冥福をお祈ります

    そうでしたか。。
    鼻水と涙でぐちゃぐちゃになりながら・・
    書いています。。
    心より・・ご冥福をお祈りいたします。。

    ウッちゃん・・・あたしとは短い付き合いでしたけど・・石垣の海と夕陽と自然とにに包まれた貴女の笑顔を忘れません。。
    ウッちゃんを見たとき・・マーによく似た子だなぁ・・と思いましたよ。。
    マーの方がうんと年上だけど・・いつか逝くから・・遊んでやってくださいね。。

    ちゃあさん・・お疲れ様でした。。
    どうぞ・・笑顔の好きなウッちゃんのためにも・・泣き疲れてからでいいから・・笑顔を取り戻してくださいね。。

    お庭に埋められた事・・一番良い方法だと思います。。あたしもそうしたいけど・・埋める庭がない。。いつでもウッちゃんとお話ができるではないですか。。
    ウッちゃん良かったね。。

  4. ダンクハハ | URL | vlz/yJMU

    涙で文字が見えなくなりました
    ウェンディちゃん、ありがとう。
    お母さんと私を出会わせてくれてありがとう。
    短い間だったけど、可愛いウェンディちゃんは身近な存在だったよ。

    天国には、私の愛した先代ダンクお兄ちゃんもいるからね。
    どうか仲良く、私たちを待っていてください。

    本当にありがとう。
    よく頑張ったね。

    ちゃあさん、ごめん。
    気が動転して、支離滅裂だ。
    ちゃあさんの気持ちを思うと、何を書いていいのかわかりません

    ただ今は、静かにご冥福をお祈りしています


  5. ゴンねぇ

    毎日、ウエンディちゃんの様子が知りたく毎日何度も訪問してました。そして今訪問したとき、写真を見た瞬間、本当にショックでした。

    お友達になれて短い期間でしたが、海や自然に囲まれたウエンディちゃんの笑顔が好きでした。ゴンも北の大地の自然に囲まれて育ったので、ウエェンディちゃんもゴンと一緒で大らかな性格なんだろうなと、想像してました。

    11歳の誕生日を元気に迎えられたなんて、素晴らしい事ですね。

    ウエンディちゃん、お疲れ様。またね。

  6. さくらこ | URL | -

    さよならウエンディちゃん

    ウエンディちゃん 幸せな最期だったね
    ママがそばにいてくれて良かったね

    天国でたくさんの友達と走ってるよ
    天使のウエンディちゃん 短い間だったけど
    ドッチと友達になってくれてありがとうね

  7. カラフルデスク | URL | -

    合掌。

    急な事でしたね。まさかこんなに早く逝ってしまうなんて思いませんでした。
    特にちゃあさん自身、いつの時も近くにあった体温がなくなるって、辛いですよね。。
    歳取って来ると、自分の「引き際」を考えたりするようになりましたが、ウェンディのそれは見事だと思いました。
    長い介護で手を煩わせる事もなく、最後まで笑顔だった事、見習いたいです。
    ウェンディとちゃあさんご家族、心からリスペクトです。

  8. ゴンのパパです | URL | -

    早すぎるね

    ウェンディちゃん、早すぎるよ!
    今日、ゴンねぇからお昼に『ウェンディちゃんが亡くなった』と聞き、驚き今、会社で亡くなった記事を読んでます。

    とうとう会えなかったウェンディちゃんの最後を涙をこらえて読んでます。

    周りの部下にどう思われてるのか?

    本当にゴンと一緒になれたら、良いカップルになっていたと信じます。南の端っこで育ったウェンディちゃん。北の端っこで育ったゴン。
    どちらもおおらかですものねぇ。

    写真を見て一番好きな場所に埋葬できるなんて、我々からすると理想ですね。うらやましい限りです。
    もう少し母さんに介護させてあげればよかったのに。最後までお利口さんでしたね。

  9. ちゃあ | URL | -

    大島の母!

    心配かけてごめんね
    ホントに急だったので気が動転してしまって
    心の準備も出来てなかった。
    でもきっと心の準備なんて出来ないね・・・
    心にぽっかり大きな穴が開いてしまって
    当分埋まりそうもないなぁ~
    大島でもいじくってれば気が紛れるんだけどv-391
    ありがとね!!

  10. ちゃあ | URL | -

    れこぶさん!

    優しいお言葉をありがとうございます

    犬と暮らしてる人はどうしても通らなくちゃいけない道だけど、
    本当に辛いですね・・・
    ラブ姉みたいにフワ~っとした老後を過ごせると思ってました。
    でも、ウェンディのおかげでれこぶさんとお友達になれて、嬉しいです!

    きっとウェンディ、
    「れこぶお母さん、鼻水出てますわよ」って
    笑ってたよ~~v-411

  11. ちゃあ | URL | -

    大根さん!

    ウェンディのために泣いてくれてありがとうございます・・・

    逝っちゃいました あっという間に。
    私に似てせっかちなんですv-411

    あのポッとした光を持ってるマーちゃんに似てるって、嬉しいな。
    まーちゃんみたいに、穏やかにもっと歳を重ねていけると思ってました。

    お蔭様で、ご飯もよく食べるようになってて
    「手作りご飯おそるべし」って思ってたのに・・・
    何回か自分からガツガツと食べる日があって、すごく嬉しかった。

    アロマの情報も調べてもらって・・・ありがとうございました!
    勉強熱心な大根さんに教えられる事ばかりです・・・
    今度「爪のあか」送ってくださいv-363

    お墓はすごく悩んだんです。
    きっとダンナは帰ってこれないと思ってたから・・・

    毎日話しかけてます。
    「ウェンディホントは生きてたの?」って言われそう・・・v-414

    ウェンディいないけど、これからもよろしくお願いしますv-421

  12. ちゃあ | URL | -

    ダンクハハ・・・!

    ハハ・・・突然逝ってしまいました。

    ホントにおりこうさんなウェンディでした。
    「おりこうさんね」と頭をなでると、
    耳がキュッっとこっちを向いて「嬉しい耳」になるんです
    死んだとき、その耳でした。ずーっと褒めてたからかなv-411

    先代ダンクの時に、ハハもこんな気持ちになったんですね・・・
    いろいろ話を聞いてくれて、心が楽になりました。
    ウェンディに、ハハというお友達をプレゼントしてもらって、
    やっぱり親孝行な娘ですv-363

    これからも小姑のようにダンクに突っ込み入れに行きますよ~v-391

  13. ちゃあ | URL | -

    ゴンねぇ!

    毎日様子を見に来てくれてたんですね・・・
    ありがとうございます 本当に嬉しいです。

    もっともっとお世話したかったけど・・・
    11歳まで生きれてまるもうけ・・だよねv-363
    ゴンねえに教えてもらった
    「犬の10歳からの命は神様の贈り物」っていう言葉は
    フッっとワタシを楽にしてくれました。
    ほんとにありがとう!

    今日のゴンさんの取りたて厳しかったですね~
    声を出して笑っちゃいました。
    ゴン爺サイコーv-411癒される~!!

  14. ちゃあ | URL | -

    さくらこさん!

    最後の時にそばで体を触って
    話しかけながら逝かせてあげる事ができたのが
    ウェンディも、ワタシもせめてもの幸せな事でした。
    心配してくれて本当にありがとうございました。

    これからも、元気なドッチちゃんに会うのが楽しみです。
    ウェンディが残した寿命はドッチちゃんにあげるからねv-363

  15. ちゃあ | URL | -

    カラフルデスクさん!

    ホントに突然でした。
    もう少し一緒にいれると思ったんですが・・・残念です。

    最後の笑顔の写真はワタシもビックリなんです
    もうすぐお別れだから、笑顔を見せてくれたとしか思えない状況だったのです
    写真は嫌いなようで、
    こっちを向いて目が合ってるのはほとんどないんですよv-403

    「引き際」ですか・・・
    そうですね。随分痛みを我慢したんでしょうね
    ちゃんと看取ってあげられた事が何よりの救いです。

    リスペクト=尊敬・・・?!
    いや~ん 照れますな。そんなたいそうなもんじゃないですよ!
    でもありがとうございます 嬉しいですv-363

  16. ちゃあ | URL | -

    ゴンパパさん・・・

    逝っちゃいました・・・あっという間に。
    ゴンねぇやゴンパパにこんなに気にかけてもらって
    ウェンディもワタシも幸せ者です。

    ちゃんとそばで見送る事が出来てホントによかったです。
    ワタシは家で仕事してますが、
    外でお勤めしてたら、そばにいたくてもいてあげれない事もあるでしょうね・・・

    お仕事中にあの長い文を読まれたのですか?!
    すみません・・・部下の方々・・・すみませんv-411

    ゴンパパのあったかい言葉に心がほっとします。涙もろいところも・・・!

    今日のゴンさんメッチャ笑いました!
    あ~ そっちでゴンさん、サリーちゃん、ウェンディの
    三角関係バトルを繰り広げたかった~!
    きっとゴン爺はウェンディの好みでしたよ

    たくさん心配してくださって
    本当にありがとうございました。

  17. き。 | URL | -

    やっと勇気を出して、もう一度読むことが出来た。
    なんにも言えなくてごめんね。
    何を言っていいのか全然分からなかった。
    泣き虫のちゃあちゃんは大丈夫だろうか?とずーと心配だったけれど、
    コメントの返事の文章を見て少し安心。
    やさしい家族の中と一緒にいられて
    ウェンディは本当に幸せだった。
    早くちゃあちゃんの夢の中で、笑顔で走るウェンディに会えるといいね。


  18. merian | URL | -

    こんなに愛されてとっても幸せだったよね。
    さよならは悲しいけど、空のうえから
    笑ってねって言ってると思います。
    以前飼っていた秋田犬の最後を思い出しちゃった。辛いはずなのに、耳も聞こえないはずなのに
    そっと名前を呼んだらすぐに振り向いて
    くぅ~んって笑ったのが最後だったなぁ。
    犬の寿命は短いけど、いっぱい愛されてきっと幸せだったね、ウェンディちゃん。

  19. ちゃあ | URL | -

    き。ちゃん!

    犬を持つ人に、この日のブログはきつかったね。
    ウェンディの最期を忘れないように、克明に書いちゃったから・・・
    きっと身につまされちゃうと思う。

    ワタシが泣き虫なのはお見通しね~!
    まだウェンディの痕跡はそこらじゅうにあるのに
    ヤツだけ姿がなくて、しょっちゅう泣いてるよ!
    ウェンディのいない家に住んだ事がないので、よけいに探しちゃう

    き。ちゃんが自分の事のように心配してくれてると思ってた。
    ありがとね。
    時間が癒してくれるから大丈夫よv-411

  20. ちゃあ | URL | -

    merianさん!

    11年も一緒に楽しく暮らせたから
    ありがとうと笑って見送らなくちゃいけないよね。
    泣いてばかりいたらダメだ!!
    ウェンディに心配かけちゃう・・・
    「お母さん泣いてたら、天国へ行けませんわ~」ってねv-411

    心配してくれてほんとにありがとうございますv-363

  21. まゆ | URL | -

    残念です

    初めてコメントさせて頂きます。


    数日前の「お誕生日」の記事で初めてウェンディちゃんの事を知りました。
    素敵な環境でとても幸せそうな笑顔のウェンディちゃんに一目ぼれしました。
    病気が判ったとき、「もうすこし一緒にいよう、ウェンディ」と書いていらした言葉が
    頭から離れません。

    こんな早くにこんなことになるなんて涙が止まらなくて本当に残念です。
    ウェンディちゃんがたくさんの人たちやワンコたちに愛されていたのが
    とてもよく伝わってくる最期の写真、とてもいい笑顔ですね。

    私にもゴールデンがいて、病気を抱えながら毎日宝物に触れるように接しています。
    何回ありがとうって言っても足りないくらい幸せをいっぱいくれる存在ですよね。
    胸がいっぱいです。

  22. ちゃあ | URL | -

    まゆさん!

    はじめまして!
    ウェンディの死を悼んでくださり、本当にありがとうございます。

    そうですか・・・病気のワンちゃんがいるんですね。
    辛い文章を読ませてしまってごめんなさいね

    ウェンディは病気を見つけてあげるのがるのが遅くて
    とっても後悔しましたが
    体力の続くぎりぎりまで、好きな散歩をして海で遊んで・・・
    今ではそれでよかったと思ってます。

    まゆさんもワンちゃんと過ごす毎日を大切に
    たくさん体をさわっておしゃべりしてくださいね。

    一日でも長く一緒にいれますように・・・
    天使のウェンディが守ってますよ!!

    疲れすぎないようご自分のことも気にしてくださいね。

  23. ゴンのパパです | URL | -

    気を取り直し、もう一度読みました

    おはようございます。
    気を取り直し、もう一度読みました。

    やっぱり、涙があふれてきました。ダメです!
    最後に顔を上げて、ママさんを探している顔。
    うちのゴンも、その時はゴンのパパを探して、こんな顔をするんだろうなあ。

    ウェンディちゃん、うちのゴンと歳も一緒だし、全部かぶさってきますねえ。

    ゴンのパパも『その時』は取り乱すんでしょうね?自分でもわかります。

    親父、おふくろが逝った時は冷静だったんですが。

  24. ちゃあ | URL | -

    ゴンパパさん!

    やっぱり重ねて見てしまいますよね・・・
    シニア犬がいる方には辛い日記だったと思います・・・

    いつも癒してくれて、ただ黙って自分だけを頼りにしてくれてる姿は、
    親とも子供とも違う愛情があふれてきますよね。

    覚悟とか心構えなんてしようと思っても出来なかったし
    めいっぱいうろたえて、泣いて送りました。
    みんなきっとそうなんだと思います。

    だからゴンパパさん!悲しい事考えないで!

    やる事なす事おもろいゴンさんと
    毎日楽しみましょうよ~(おもろいのはゴンねぇ?)
    ワタシもメッチャ楽しみなんですv-411

  25. ピロコ | URL | -

    ちゃあさんこんにちは。
    ウェンディは最期まで家族がそばにいてくれて本当にうれしかったと思います。
    またきますv-254

  26. さらだ | URL | B6Sud9Cs

    安らかに

    ウエンディちゃんお☆様になっちゃったんですね
    丁度家のプーが危ない時と重なって これずじまいでした。来るのが遅すぎた~ごめんなさいね。↓を読んでいたら家のラッキーたんと多分同じ病気です。貧血がひどくてウェンディちゃんしんどかったと思います。だけど大好きなおかあさんの前では元気でいるんですよね。 だって他はいたくないんだものね・・。
    でママに面倒かけない様にだけどママに甘えて旅だったんですよ。とってもとっても幸せだったと思いますよ。最期はとっても良いお顔でしたでしょ・・お辛いでしょうが自分は責めないで下さいね。みんな同じです。
    ウェンディちゃんのご冥福をお祈りします。

  27. ちゃあ | URL | -

    さらださん!

    ありがとうございました

    介護も看病もほとんど出来ず
    あっという間に逝ってしまい、
    何もしてあげられなかった自分が情けなくて・・・

    でも今はちゃんと見送ってあげられた事で
    ウェンディは幸せに旅立ったと思っています。

    ロビンちゃんどうですか?
    お大事になさってくださいね。

  28. ちゃあ | URL | -

    ピロコさん!

    ありがとうございます。

    親孝行なウェンディは世話もかけずに
    あっという間に逝っちゃいました。

    コロンと一緒の毎日を大切にしてくださいね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://umibenoiewendy.blog.fc2.com/tb.php/42-2c46d26f
この記事へのトラックバック


最新記事