FC2ブログ

梅雨明けからの~夢をかなえる話。

2017年06月22日 14:31

2017-06-22 13.38.29

各地で大雨のようですね・・・お気を付け下さい。

沖縄地方は梅雨明けしたようです。

でも曇って今にも雨が降りそうな感じ。
来週くらいからは晴天が続く予報なので暑くなるだろうな~


夏至が過ぎて日没も19時半ころになりました。
20時までは十分明るいんですよ~o(*^▽^*)o

「日本国内で時差があってもいいくらいだよね」と思っていましたが

日清戦争後、台湾は日本の統治下にあったので
台湾から宮古島を含む先島諸島には「1時間の時差」があったそうです!
それは第2次世界大戦の敗戦まで続いたそう・・・

う~ん、納得です!

2015-09-13 12.55.01

台湾といえば、20年近く前家族で船で旅行したことがあります。
その頃は大きな客船が沖縄-台湾を航行していたので
結構手軽に海外旅行できたんです。いまはもうないんですけどね~

アニキが小学3年生、わんころが4歳の時。

団体ツアーだったし、子供が小さかったので
あまり楽しめなかったけど船の旅はよかったです(o^-^o)

石垣からは結構近いので、夕方出航して朝早く到着するのですが
旅行社の手違いでダブルブッキングのため
なぜかスイートルームに泊まれることになって大儲かりでした!

1hououboku

船の中ではバンド演奏や映画も楽しめて、バーもありました。
お正月だったのでデッキで餅つき大会など催しも多く
退屈しませんでした~

今でも思い出すのは・・・
アニキは5歳くらいから将棋を覚えて、
よく大人に相手してもらっていたのですが負けるとすぐ泣いてました(笑)
台湾に行く時も携帯用の将棋セットを持って行ってましたが、
たまたま乗り合わせてた友人家族の高校生のお兄ちゃんとご主人と対戦することに。

「たのもぅ~!」と道場破りのように気合を入れて
友人家族の部屋をノックする姿にお腹を抱えて笑いました。

結果はコテンパンにやられましたよ(笑)
でも9歳になるともう泣かないんですねo(*^▽^*)o


今話題の中学生騎士藤井四段は
幼いころ祖母に将棋を教わったそうですが
婆ちゃんに相手をしてもらい勝つという
「成功体験」をたくさんしたのがよかったと言っていました。

アニキは強い大人とばかり対戦して負けることが多かったので
成功体験が少なかったな~(笑)

1パイン

将棋といえば・・・

ワタシが中学二年の時、同級生に「将棋バカ」のS君という男子がいました。
休み時間は将棋の本ばかり読み、
将棋以外の話をしてるのは聞いたことがない、
授業中はいつも人差し指と中指で消しゴムを持ち
パチンと駒を打つ動きを繰り返すくらいの将棋好きでした・・・

一年ほど前、たまたま地元の有名人の名前が載ってるサイトを見つけて
「えー、この人も」「「この人も!」ワタシの地元出身なんだ~と見ていたら
そのS君の名前が載っていたのです!

「プロ棋士 六段」!
あ~~、夢をかなえたんだな~と嬉しくなりました。

でもって、昨今の藤井四段のブームで知ったのですが
プロの棋士になるのは東大に入るより難しい、
すごい世界なんだと・・・!

そ、そ、そうなの!?

詳しくはこちら→

ラブ

S君のウィキを見ると1974年に奨励会入会とあるので
ちょうど14歳のあのころです!
そうだったんだ~と納得!

1年に4人しかなれないというプロ棋士。
目指す者の80%がプロにはなれない厳しい世界だそうです。

S君は25歳でプロ入りを果たしたそう。
その8ヵ月後、羽生名人がデビューしたのですが
デビュー後の6連勝をストップさせたのがS君ですと!

今は引退して将棋関係のライターをしているそうです。

米長名人のコメントだそうですが
「俺は頭がいいからプロ棋士になった。
兄は、そこまでじゃなかったので東大に行った。」

天才しかプロ棋士になれないらしい・・・

夢をかなえたS君、すごいね!!


今日もポチっとよろしくです!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村


最新記事