FC2ブログ

ぺちゃんこポーズのベルちゃん。 メモリアルドッグ

2012年02月24日 16:06

2012_01180019.jpg

ペチャンコポーズで上目遣いのベルちゃんです

ウェンディもよくこのポーズで
顔を動かさず目だけで人の動きを追ってたのを思い出します。
ものぐさだったからね~~

2012_01180020.jpg

前回から引っ張っている
ベルちゃんのちょっと不思議な話・・・


制作依頼をお受けしたわんこは
お写真とエピソードが揃った順にお作りしていますが
同じ犬種が続いたり、パーツの取り寄せの都合で前後する事があります。

実はこのベルちゃんももう少し後の制作順でしたが
ワタシの都合で順番を繰り上げました。

ポーズの変更などがあってもいいように
いつもなら制作に入る何日か前に
「そろそろ制作に入りますよ~」というメールを差し上げてるのですが
その日はご連絡をしないままとりかかって
この上目遣いのお顔だけ出来上がってしまいました。


2012_01180022.jpg

そして夕方に「ベルちゃんの制作に取り掛かりました」
と言うご連絡を入れたのですが・・・

少ししてベルママから返信がありました。


・・・・・・・・

こんにちは。
ご連絡ありがとうございます。

実は、1/5にベルは16歳2ヶ月で虹の橋へ出発しました。
最期は本当に眠るように旅立ちました。

本日、荼毘に伏し、自宅に戻ってきたところ、
このタイミングで連絡をいただき、
驚きと同時に嬉しさで胸が熱くなりました・・・


・・・・・・・・



何とベルちゃんが亡くなって
お空に上って行った日だったのです・・・!

これはきっとご家族の事を心配したベルちゃんが
「わたしを早くお家に帰して」と呼びに来たんですね。

高齢なのは解っていたのでもっと早くとりかかれば良かったと
残念で悔やまれます。

この不思議ないきさつにベルママも

・・・・・・・・

メールをいただき、
ベルがちゃあさんの所までお願いしに行ってくれたのかな、と家族で話し、
不自由から解放された身体で好きなところで走り回ってるんだなぁと、感じました。

・・・・・・・・


2012_01140014.jpg


ベルちゃんがお家に帰ってから
ママさんから心暖まるお礼状を頂きました。

・・・・・・・・

5日にベルが虹の橋を渡りまだ日が浅く
ちゃあさんから荷物が届いた日も、一人で箱を開ける勇気が無く
家族全員が帰宅するのを待ってのご対面でした。

元気だったころのベルに会えて
本当に嬉しく心が癒され感動で涙が出ました。

ベルが亡くなってから毎晩、
寝ていても幾度となく「ベルは今どこにいるんだろう」
と言う思いが頭から離れずにいました。

でも小さくなったベルを迎えてからは不思議と不安がなくなり
心穏やかな毎日を過ごしています。

まだまだ涙スイッチはすぐに入ってしまいますが
少しずつ時間をかけて元気になろうと思います。

・・・・・・・・



そしておととい、
ベルちゃんのメモリアルドッグを
ブログにアップしましたと言うご連絡をしましたら

「今日は実はベルの四十九日なんですよ」

あぁ・・・なんと言う事でしょう・・・
すべてベルちゃんに仕組まれてる・・・


2012_01180025.jpg


手塩にかけて慈しんだベルちゃんとの、16年というその長い年月は
ご家族の笑顔いっぱいの幸せな日々だったことでしょう。
思いが頭から離れないのは当然です。

ゆっくりゆっくり、泣きながら、諦めながら、
思い出になっていくのだと思います・・・





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村

スポンサーサイト





最新記事