FC2ブログ

メモリアルドッグ 「ウェンディ」 ゴールデンレトリバー

2011年03月03日 16:47

ウェンディ 

今日は北の国のウェンディちゃんのお話。

ウェンディ・・・
その名前を呼ぶといまだに胸がキュンとなりますが

そう、うちのウェンディと同じ名前で、同じゴールデンです。

ウェンディ 1

北海道に住んでいたウェンディちゃん、
昨年11月に10歳でお星様になりました・・・
ママさんからのメールをご紹介します。



我が家の愛犬ウェンディは、昨年の3月頃から顔が腫れてきました(多分癌だと思います)
家族で話し合い、病院での検査・治療は「ウェンディ」の命を縮めてしまうとの判断から、
そのままのウェンディを受け入れ、
楽しく穏やかな日々を過ごすことを選択しました。

だんだん腫れがひどくなり、一年が勝負かなと思っておりましたが、
幸いにも楽しく穏やかな日々が一年を過ぎ、
今年5月には10歳の誕生日も無事迎えることが出来ました。

ウェンディ 6

このまま年を越し、11歳の誕生日迎えられたらと思っていた矢先のことでした。

前日まで普通に散歩に行き、ご飯も食べ眠りについたのに、
11月28日の早朝、ピーピーというか細い鳴声に気づき駆けつけたところ、
目はうつろになり、手足に力が入らなくなっていました。
それから二時間後、家族全員が見守る中、
虹の橋へと旅立っていってしまいました。


ウェンディ 4

我家には三人の息子がおり、
ウェンディが我家に来た時は長男が高2、次男が中2、三男が中1でした。

長男が高1の時に大病を患い、病もやっと希望が見えてきた時、
長男がかねてよりほしがっていた、ゴールデンレトリバーを迎え入れることにしたのです。
それがウェンディです。

ウェンディ 5

子供たちは思春期、反抗期で色々な事がありました。
ウェンディはいつも私のそばにいてくれ、
私達家族を笑わせたり、慰めたりして癒してくれました。

ウェンディがいたから頑張ってこれたのです。
この10年間本当にありがとうと感謝の気持ちでいっぱいです。

そのウェンディの最後を、家族全員で我家で看取ることが出来、
本当によかったと思っています。
最期は、苦しまずに眠るように逝ったことが何よりも救いです・・・



ウェンディ 7

見てください、
このウェンディちゃんの楽しそうな笑顔!
幸せな幸せな10年間を過ごしたのですね・・・


実はワタシ、ママさんからのメールを読んで
あまりの共通点の多さにビックリしました。

うちもわんころが大きい病気をして
快方に向かった時にウェンディを迎え、
その後の幸せな11年間・・・
寿命をまっとうした死を受け入れました。

そしてうちのダンナは北海道出身、子供は息子だけ。
おまけにウェンディちゃんが亡くなったのはワタシ達の結婚記念日。
・・・で、愛犬の名前がウェンディ!!


ウェンディ 2

北国で、
同じようにウェンディを囲んで愛の溢れる家族がもうひとつあったのです。

ママさんがワタシを探し当ててご依頼を下さったのも
2頭のウェンディの仕業ですね、きっと


ウェンディ 3



ランキングに参加中~今日もよろしくねぃ
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村
スポンサーサイト





最新記事