FC2ブログ

メモリアルドッグ 「リキ」

2010年07月01日 16:51

リキ君


マッチータさんの愛犬、ゴールデンのリキ君。

8歳で亡くなってからもう1年半になります・・・


年月がたっても思い出は色濃く
忘れることなんてありません。


思い出を小さな形にするお手伝いをしました。


リキ君3

マッチータさんのメールをご紹介します。





・・・・最初私は猫派で、すでに2匹の先住猫がいて、
犬を飼うことには消極的でした。

上の娘がちょうど思春期のころゴールデンレトリバーを飼いたがり
半ば押し切られるように、
雑誌「愛犬の友」に載っていたブリーダーさんに連絡をして、
生後五ヶ月のゴールデンレトリバーがいるというので、
とりあえず、見にいきました。


リキ君1


そこで出会ったのが・・・なんと、私と誕生日が同じリキでした。
まさに運命的な出会いをしてしまいました。

猫派だった私は、犬飼いの生活に慣れずに、正直、リキを飼ったことを
後悔することもありました。

ところが、子供達が思春期でストレスも溜まり、悶々としているときも
そばにリキがきてくれて・・・あのたっぷりとした身体に触れて
どんなに癒され励みになったことか・・・
リキと散歩に出てどんなに気がはれたことか。


リキ君4



どんどんリキに取り込まれ、ゴールデンレトリバーの良さを知らされ、
もう無くてはならない家族になっていました。
10歳までは大丈夫・・・そんな根拠もなく安心しきっていた矢先
8歳と9ヶ月で、あっという間に天国へ旅立ちました。

今でも、思い出して涙が溢れています。

主人にとっても、大変大きな存在だったようです。
リキがなくなってから、私の知らない主人とリキの散歩コースが
たくさんあった事を知り、撮りためた写真の多さにも驚きました。
確かに、リキは主人が一番好きだったようですから。





リキ君6


そして、もう一つ・・・

リキと散歩中にリキをとても可愛がってくださる方と時々出会っていたのですが、
ある日のこと、最近までゴールデンを飼っていたけれど若くしてなくしたこと、
次もゴールデンを飼いたくて探していたこと、など話されて、
リキのブリーダーさんを紹介することになりました。
そして、同じブリーダーさんから、ゴールデンの男の子を家族にされました。

そんなリキのおかげで、ゴールデンレトリバーの素晴らしさを
教えられ、そして、リキに出会えたことに感謝しています。・・・



リキ君5

昨年の元旦に体調が悪くなり、
ガンが見つかって1週間余りでのお別れだったそうです。

突然の思いもよらないお別れには
本当に心が残りますね・・・

ゴールデンの素晴らしさを教えてくれたリキ君。


お空の上から
「ママ、もう泣かないで」
って笑ってますよ、きっと・・・








   ・・・・・・・・・・・・・・・・・




ブンタ君が亡くなりました・・・

突然の訃報です・・・

いっぱい病気したけどいつも笑顔で頑張ってたぶうしゃん。

今頃お空でお友達と走り回ってますか・・・?

合掌


ぷうにゃん2





にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村  携帯からはこちら→ブログ村 羊毛フェルト
スポンサーサイト





最新記事